ハンターセラピー
ハンターセラピーとは、狩猟と採集の生活に
   触れることで何かを見つける
 ワークショップ型の森林セラピーです。
【このような方に適しています】
・野外で常人とは違うことをしてみたい人
・森でゆっくり湯治や療養をしたい人
・ひきこもり生活が長く、自分を再生したい人

引きこもりハンターtuchitya ツチヤ
ナビゲーター紹介
リアル自殺島 リアル自殺島
リアル自殺島
<リアル自殺島!?>
『自殺島』という有名な漫画があります。(森恒二著 白泉社出版)
そこに出てくる主人公達は社会や人間関係に疲れ、自死を選ぼうとしますが絶海の孤島に流されます。
そして、その島での狩猟・採集の生活を通じて命に気付き再生していく物語です。
私達はこの作品からも大きな影響を受けています。
ナビゲーターのtuchiyaは、この自殺島に出てくる主人公にそっくりです。(なんだか髪型まで似ています)
一般的な社会、というものになじめず苦しみ、自然の中で再生した過去をもっています。
けっして社会的強者ではなく、リーダーシップがある訳でもない、しかしある面ではものすごく逞しい彼の生活を覗いて見て下さい。
  リアル自殺島 リアル自殺島 リアル自殺島    

ハンター作業療法
〈作業療法的 視点〉
だれしも環境に適応出来なくなることや、身体・精神が悪くなることはあります。
作業療法とは、活き活きとした生活を送れるよう、仕事・遊びなどの生活の中での活動(作業)をとおして
心と体を元気にするリハビリテーションです。
運動・園芸・レクリエーション・クラフト・料理などの活動の中で回復を目指すのです。
ハンターセラピーでは基本的に、何か決まったプログラムがある訳ではありません。
散歩してもいいし
山菜採りに行ってもいいし
小川で瞑想してもいいし
動物の解体を学んでもいいし
焚き火に参加してもいいし
釣りをしてもいいし
温泉につかっていてもいいし
室内でゲームをしてもいいし
カブトムシを捕ってもいいし
動物の皮なめしをやってもいいし
星や紅葉を見てもいいし
木や苔で何かアートを作ってもいいのです。
ハンターセラピー 過ごし方
~ある人の過ごし方~
昼寝
星を見に行く
ボードゲーム
  に参加
 洞窟を
探検する
自分でメニューを組むという『選択性』はとても大切な事です。
「何もしない」「ぼーっとする」を選んだっていいのです。

気が向いたら散歩をしたり、メンバーと料理をしてみては
いかがでしょうか。

       きっと素敵な体験が待っていますよ。
ハンターセラピー 取り組み方
ハンターセラピーには セラピスト(治す人)や、患者さん(治される人)がいるわけではありません。
ゴールや正解もありません。
私達は「誰かを治してあげよう」「元気にしてあげよう」というような、おこがましい事は考えていません。

生活する環境を町から森へと変えると、自然や命・自身の体を再認識しやすくなります。
私達は、それらのことが何かのきっかけになればいいなとだけ思っています。

本当の意味であなたを回復できるのは、あなた自身しかいないですし、 あなたはあなた次第なのです。
 セラピー参加者はtuchiyaの家の周辺に住む事になります。
  
  tuchiyaが何か活動をする時に「一緒にやりませんか?」と誘うことがあると思います。
 その時の気分次第で一緒に行動したり、しなかったりして下さい。 無理をしないで下さい。
  
  逆にtuchiyaを誘っても構いませんが、tuchiyaもその時の気分・体調次第で
  1人で過ごしたい時もあります。 その時は各人好きな作業を楽しんで下さい。  

ハンターセラピー Q&A
QA
Q…なぜ森で行うのでしょうか?
A…森の香りには交感神経優位になった自律神経のバランスを改善する作用があります。


Q…どのように利用したらよいのでしょうか?
A…当セラピーには定型的なプログラムはありません。
   元ひきこもりであるtuchiyaの一風変わったハンター生活に触れながら、自然に囲まれて過ごして頂ければよいのです。
   長年悩みをかかえている方は自己再生の一つとして取り組んで頂いても構いませんし、
   気分障害などの精神疾患を原因として休職されている方は、リワークプロクラム(職場復帰に向けたリハビリテーション)として
   考えてもよいと思います。
   もちろん「元気なのだけれど色々な経験をしてみたい」という方もOKです。


Q…動物の解体などは、参加したら必ずできるものなのでしょうか?
A…解体するためにわざわざ動物を捕らえる訳ではありません。
   害獣駆除などの際に狩猟した動物を、ただ燃やして処理するのではなく 糧とさせて頂いているものです。
   解体などを学ぶことが主目的の方は、参加期間中に可能かどうかをメールにてお尋ね下さい。


Q…怖いので解体などはやりたくないのですが……?
A…もちろん、やらなくても構いません。自分が気に入った活動のみ参加していただきたいのです。
   ずっと一人行動で過ごされても構わないのです。
ハンターセラピー Q&A
Q…どこで活動するのですか?
A…東京都の本土唯一の村『檜原(ヒノハラ)村』です。
   檜原村は、新宿から電車とバスで一時間半の所にある奥多摩周辺の村です。
   多摩川の支流である秋川の源流地でもあります。


Q…泊まる所はどこですか?
A…参加者は、東京都西多摩郡檜原村のtuchiyaの事務所(拠点)近くに住むことになります。
   宿泊場所は混雑状況によって変わりますが、50以上年前からやっている森近くの民宿となることが多いです。


Q…どうやって行けばいいですか?
A…JRの武蔵五日市駅からバスが出ています。
   参加者とは事前に電話番号など連絡先の交換をいたしますので、 迷われた場合は現地でご連絡下さい。
   車で来ることも可能ですが、大きなサイズの車ですと民宿の前の狭い橋など通れない場所があります。


Q…食事はどうしたらよいですか?
A…食べ物は基本的にご自身で用意して頂く事になります。
   買い込んで来ていただいても構いませんし、 遠くの食堂まで出かけて行って食べても構いません。
   こちらで用意してあるものは、部屋と寝具のみとなります。
   宿の近くにお店はないので、困らないよう多めに用意して下さい。(徒歩で片道1時間40分の所にコンビニがあります)
ハンターセラピー Q&A
Q…ジビエ(野生の動物の肉)は食べられますか?
A…動画にもあるとおり、tuchiyaは知識と資格を持ったプロハンターとして獲った動物を解体して食べています。
   野草・山菜も食べられるものを見分けて採り、食べています。
   これら解体シーンや野草つみなどに同行することはもちろん可能ですが、食品衛生法上の問題からこれらをこちらから
   積極的に提供するわけにはいきません。
   もしtuchiyaと同じような物を食べたい場合は、自分の自己責任の範囲でtuchiyaと共に食料を得、食べることとなります。


Q…持ち物は何が必要でしょうか?
A防寒着・下着類・手袋・タオル・ライト・食料・歯ブラシ・携帯電話・充電器・常用薬などは必ず持って来て下さい。
   本やゲームなどご自身がリラックスできるものもお持ちください。
   その他、何を持ってこられても構いません。森や何もない田舎で楽しく過ごすのに必要そうなものをお持ち下さい。
   野草や星の本などもよいかもしれません。
  (山で使う用のナイフなどを持ってくる場合は、しっかりと梱包して運んで下さい)


Q…民宿には何がありますか?
A…水道・風呂・コンセント・洗濯機はあります。 wifiはありません。
   とても昔からある古民家の民宿です。隙間風がだいぶ入ってくるので冬は寒さに気をつけて下さい。


Q…複数人で申し込むことはできますか?
A…当セラピーは性質上、あまりに多数の方を一度に受け入れることはできませんが、人数によっては可能な場合もありますので
   メールにてお問合せ下さい。
 

ハンターセラピー 参加費用
           【セラピー参加費用】

体験2泊3日コース 28,000円(税込)

基本14日間コース 138,000円(税込)
……宿泊費・保険費・参加費 (現在プレオープン期間中です)
……比較的短い体験コースとなります。
……基本のコースとなります。本セラピーは比較的長い期間ゆったりと
  自然に囲まれ過ごすことでこそ効果があるものと考えております。
・参加費は事前の振込みとなります。 申し込みフォームからお進み下さい。
 手続き後、全額もしくは半額を振り込んで頂いた時点で予約完了となります。(半額振込みの場合は、残額を現地で現金でのお支払いとなります)

・数ヶ月という長期のあいだ滞在する事も出来ますので、ご希望の場合は申し込みフォームからお尋ね下さい。

・本セラピーは一度にたくさんの人数を受け入れられません。
 人数に制限がありますので、予約でいっぱいの場合は申し込めないことがあります。ご了承下さい。 
    〈お振込み先〉

ゆうちょ銀行 10550 83462501
   カミヤマ カズトシ 宛
    (狩人技術振興会)
    〈予約完了後のキャンセル料〉
一か月~一週間前まで …コース代金の10%
一週間~四日前まで  …コース料金の30%
四日前~前日     …コース料金の50%
当日         …コース料金の100%
無連絡キャンセル   …コース料金の100%
セラピー現地所在地…東京都西多摩郡檜原村南郷6137

ハンターセラピー アクセス
【アクセス】
〈電車・バスで来られる方〉
JR武蔵五日市駅→駅前のロータリーから、バスかタクシーに乗り
         『南郷』バス停下車
        →徒歩二分で『こむかい山荘』です。
〈車で来られる方〉
JR武蔵五日市駅から、檜原村方向に向かって下さい。

檜原村役場を過ぎたら、次の信号を左折です。

『こむかい山荘』と書かれた看板の所を入って下さい。
 (敷地へは、小さな橋を渡って入ります)
こむかい山荘
『こむかい山荘』での直接の予約は出来ません。
『こむかい山荘』への電話はご遠慮下さい。

※予約・連絡は申し込みフォームにてお願い致します。

ハンターセラピー 注意事項
〈注意事項〉
・病院に通われていて薬などを飲まれている方は、主治医の許可を得てから参加して下さい。


・会のメンバーもtuchiyaより年上の者が多いですが、森での経験はtuchiyaの方が遥かに豊富です。
 危ないことや森のルールもよく教えてくれるので、皆さんもtuchiyaをある種の先生と思って話を聞いて下さい。
 何度注意しても周りに迷惑をかけ続けるような場合は退所して頂きます。その場合の返金は承れません。


・当セラピーは森の中で行います。危険については注意喚起させて頂きますが、森には崖があったり
 野生の動物がいたりと絶対の安全を保障できるものではありません。それでも構わないという方のみご参加下さい。
 (セラピー期間中に起こった保険適応外の事故につきましては、当会は責任を負いかねます)

ハンターライセンス
【HUNTER  LICENSE   取得システム】
当グループでは野外活動をとおして狩人の技術を身につけた方に、ハンターライセンスを発行しております。
いざという時にどんな環境でも生き延びることが出来るよう、ライセンス取得を目指してみて下さい。
【アマチュアハンターライセンス】
…当グループ(狩人技術振興会)が認定・発行している民間資格です。
①動物の解体
②野草の知識
③クラフト能力
④野外・田舎での生活能力
合格基準… ・tuchiya指導のもと、最低3回は野生動物の解体を行う。
        ・1人でも野生動物を解体し食肉を得れるスキルを持つ。
合格基準… ・有用な植物の採集を実際に行う。
      ・自然薯(野生のイモ)やヨモギなど、さまざまな山菜を
       見分けることができる。
合格基準… ・皮細工、苔の盆栽、タヌキオイル、木のコースターなど
       売ったり自分で使用したりするものを作れる。
合格基準… ・野外、田舎でさまざまな活動を経験する。
      ・火をうまく扱うことができる。
・プロハンターライセンス(国家資格の狩猟免許)を持っていても、野生動物の
 解体をやったことが無い人は多いです。 tuchiyaにその技法を学んで下さい。
(とどめを刺された後の動物の解体には法律上の規定はありません。
 素人が行っても大丈夫です)
・非常食となるものや、薬となる草を得ましょう。
 ただし、キノコ類はリスクが高く危険です。安全性もtuchiyaから聞いて下さい。
・想像力を働かせて、自然の恵みから好きなものを作ってみましょう。
 実用にたるもの、芸術性のあるものを目指します。
・作った物がお金を稼げるレベルに達すれば最高です。
・田舎は交通手段も少なく歩く力も必要ですし、野山は危険な場所もあります。
 寒かったり、物が足りない中での生きる力です。
ハンターライセンス
【プロハンターライセンス(狩猟免許)】
…国が認めている国家資格です。(当グループでは取得できません)
①あみ猟免許……網をはって動物を捕まえる資格です。
②わな猟免許……罠を使って動物を捕まえる資格です。
③第二種銃猟免許……空気銃、圧縮ガス銃を使って動物を捕まえる資格です。
④第一種銃猟免許……空気銃、圧縮ガス銃、ライフル銃、散弾銃を使って
          動物を捕まえる資格です。
・動物にとどめを刺すのは、法律上これらの免許をもっていないと
 いけません。
・当グループではこれらの免許の交付・手続きは行っておりません
 ので取得したい方は各人が学ぶこととなります。
・tuchiyaはこの狩猟免許を持っていますので、取得するための
 質問がありましたらお聞き下さい。
・銃を持つには色々な審査があります。  
・当グループが発行するアマチュアハンターライセンスは、四つの合格基準を満たした上で
 tuchiyaなどから見て一定のレベルに達したものに発行されます。(amateurの所に○が入ります)
 さらに狩猟免許をもたれている方にはprofessional の所に○が入ります。

・professional の所に○を入れる際には、その時点での『国家資格の狩猟免許状』を
 確認させて頂いていますが、本ライセンスはあくまで民間資格ライセンスであり、
 法律に基づいての拘束力は無いものです。

・解体の回数や技術不足など、二週間では日程上基準に満たない場合があります。

〈お申込みフォーム〉
参加希望日          ~